easy Inventory / 簡単棚卸

マスター照合機能はありませんが、読み取ったバーコードと実績数(手入力)のデータを収集してメール送信する、簡単な棚卸プログラムを作りました。 こちら → easyInventory

jpn_02_main_settting jpn_07_qty1 jpn_06_datalist

入力ミスの確認画面で、ミスしたデータの削除のみ行えるようにしました。一応、QRコードも読み取れます。

送信元のメールですが、Gmail, Yahooメール, Windows Outlook メールのみを対応としています。Gmail, Windows Outlook メールで、二段階認証の設定をしている場合は、アプリパスワードを発行してそちらのパスワードを設定してください。

今まで、開発テスト環境には、Android OS 4.3 機までしか無かったのですが、やっと Android OS 7.0 機が手に入ったので、こちらでも検証できるようになりました。 Android OS 4.4頃から追加されたと思われる、アプリ単位でのアクセス権限への対応を行いました。

今頃気がついたのですが、当方が作成したプログラムは、Android OS 6.0以降では、カメラやフォルダーへのアクセス権限の確認画面が表示されずに、エラーとなってしまっていたようです。

Android OS 6 以降では、Runtime Permissionという概念で、 プログラムの初期実行時に、端末のどの機能にアクセスするかのチェックが行われ、ユーザーの許可を求める画面が表示されるようになりました。

実績の送信は、メールが汎用性もありベストだと思うので、当方のプログラムは、全部メール送信です。今度、時間があったら、PC側でメールの中身(実績データ)を取り出すアプリを作ろうと思います。開発はJavaで、出力はCSV形式がいいかなあと考えています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.